障害年金の申請が大ピンチ

障害年金
さて、いよいよ障害年金の認定日が間近に迫ってきました。



ちょうど今月のクリスマスの日ですね。



というわけで昨日はメンクリで主治医に障害者年金について聞いてみましたわ。



まあ自分の場合は初診日はハッキリしてるし、転院もしてないし、通院間隔も月2回を堅持してるから難易度としてはレベル1でしょう。



それに初診日が在職中で厚生年金なのも大きいですよね。



だから内心は貰ったも同然みたいな感じだったのですが、主治医から返ってきたのは全く予期せぬ回答でしたわ。


『ウチは障害年金の申請書作成はやってない』


『どうしても必要なら転院してもらうしかない』



さすがにこれには思わず言葉を失いましたね。



つーか、転院って簡単に言うけど今から転院してたら認定日請求に間に合わんやん。



ほんと、こんなのは・・。


p7.jpg



ちなみに今日は年金事務所の初回相談日だったので相談員さんにこの事を話したのですが、こんなケースは聞いた事が無いと言ってましたわ。



挙句の果てにはその主治医は本当に医者なのかと言い出す始末w



まあ、法的な解釈で言えば正当な理由が無ければ診断書の作成は拒否できないはずですが、現実問題としてこういう医者とは争うだけ無駄でしょう。



だから傷病手当金から失業給付への切り替えが終わってから転院しようと思います。



もちろんその場合は認定日請求ではなく、事後重症での申請になるけど仕方ありません。



まあ、こんなケースもあるので皆さんもお気を付け下さい・・。


コメント

非公開コメント